古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > 古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog > 2010年 > 12月

月別アーカイブ: 2010年12月

グリーン建築セミナーと富山県古民家再生協会会員の会の総会がおこなわれました

12月4日に砺波の「となみ散居村ミュージアム」情報館で「グリーン建築セミナー」と
一般社団法人富山県古民家再生協会会員の会の第1回総会がおこなわれました。


グリーン建築 富山県古民家再生協会 古民家鑑定士


今年の9月から始まった「グリーン建築」セミナーですが、循環型建築社会の創造として
今後の取組についての発表がありました。
講師は一般社団法人200年住宅ネットワーク機構の井上理事長です。

もともとはこの古材倉庫を全国展開され、古材の流通や古民家の再生に尽力されており、
古民家鑑定士の生みの親でもあります。

今回も富山県内の古民家鑑定士、伝統資財施工士を対象としたセミナーでした。


セミナー終了後は、富山県古民家再生協会会員の会の第1回総会がおこなわれました。


グリーン建築 富山県古民家再生協会 古民家鑑定士


総会に先立って井上理事長より講演をして頂き、議事に入りました。


伝統資財施工士 富山県古民家再生協会 古民家鑑定


富山県古民家再生協会会員の会の会長として中谷様が選出され、ご挨拶をして頂きました。

また、会長の他に3人の役員の方が選出、承認されました。

今後の取組としては、県内の古民家鑑定士のスキルアップのための企画と
来年5月におこなわれる民家の甲子園富山県大会への対応について提案
されました。

次回の会合は23年1月13日の予定です。

古民家鑑定士の皆様、富山県古民家再生協会会員の会への入会をご検討下さい。


【グリーン建築セミナー】12/4(土)開催です

【グリーン建築セミナー】

12月4日 (土) 14:00~16:00
富山県 となみ散居村ニュージアム
砺波市太郎丸80番地 0763-34-7180

グリーン建築(循環型建築社会)
その定義は

1、新しく建築をするにあたり、全てを捨てることなく生かせる資材(伝統資財)を活用する
2、新しい建築をするにあたり、将来再利用できる資材を使用する
3、使える建物に関しては、出来るだけ長期間使用できる提案を行う
です。
「古民家」に眠る「古材(伝統資財)」は価値が高くヴィンテージ資財として化粧材として活用されています。

グリーン建築とは環境の時代に当たり前の建築手法と言えるのかもしれません。

今までのものは捨てて、新しいものを作るのは、戦後の日本の悪しき文化です。それが世界に例を見ない、住宅の短寿命に繋がっているように思います。

循環型の建築を当たり前と考える建築業界の方、グリーン建築をとりいれてみませんか?

お問合せは下記(加藤)まで
加藤 明博 (木の家のプロ)株式会社アキ
サイト: http://www.k-aki.com
電話: 0766-69-8703 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日・祝日

古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2010年12月
« 10月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口