古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > 古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog > 2011年 > 7月

月別アーカイブ: 2011年7月

解体予定の「枠の内」 見学希望者から問合せがありました

この古民家はご主人が亡くなられそのあとを埼玉の弟さんが
継がれる事になりましたが、建替えされることになりました。

弟さんはできれば古民家を再生したいお気持ちもあったようですが、
家自体が大きすぎて費用面で諦めたとのこと。

ただ、この古民家に使用されている枠の内だけは再利用できないかということで
弊社に相談がありました。

ご覧のようにこの枠の内は本当に素晴らしいの一言です。
移築できるように手解体する予定です。

そんな中で依頼してあった先から枠の内を見たいお客様がいるとの連絡が入りました。
是非再利用して頂けたらと思います。

枠の内 古民家 古材 移築

枠の内 古民家 古材 移築

枠の内 古民家 古材 移築


この枠の内は一般住宅のリビングへの転用や飲食店に利用すれば最適だと思います。


この枠の内の表にある土間には次のような小口縁があります

枠の内 古民家 古材 移築

また、この縁に玄関の土間から入る入口にこの木製引戸があります。
腰板がいいですね。


枠の内 古民家 古材 移築


これらの部材は解体前に生け取りして再利用する予定です。


この枠の内の移築先が見つかればよいのですが・・・


さくらのぱぱ


酒蔵鑑定の第2段 土蔵の鑑定

土蔵の外観はかなり痛んでいますが、内部にはまったく影響がありません。


鑑定 移築 蔵 古材

内部の骨組みは大変素晴らしいです。
柱、2階床タルキ、屋根タルキは全て5寸角、2階の棟木は400以上ある
きれいなケヤキ材です。


鑑定 移築 蔵 古材


鑑定 移築 蔵 古材


鑑定 移築 蔵 古材


蔵の戸はご覧のように大きな傷も無く内戸もセットされています。

古民家鑑定,移築,古材

是非移築して再利用できればまだまだいき続けると思います。


さくらのぱぱ

酒蔵の古民家鑑定をしてきました

昨年まで酒を造っておられた酒造会社、自宅にお伺いしますた。
いづれは更地にしたいとの事で自宅及び土蔵を鑑定させて頂きました。


酒蔵 移築 古民家鑑定 古材


自宅は古いところで100年以上経過しており、座敷周りは移築してきたそうです。
座敷は一般的な作りですが、それに繫がる縁が素晴らしいです。


酒蔵 移築 古民家鑑定 古材


酒蔵 移築 古民家鑑定 古材


縁の勾配天井の化粧タルキが円柱形であり、見た目に独特な雰囲気を
醸し出しています。

仏間の天井はかなり凝った作りとなっていました。


酒蔵 移築 古民家鑑定 古材

年数的にはかなり経っていますが、まだまだ使えます状況です。できれば解体せずに
再度移築できれば良いのですが・・・・

次回は敷地内にある土蔵をご紹介します。

さくらのパパ


古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2011年7月
« 4月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口