古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > 古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog > 2016年 > 5月

月別アーカイブ: 2016年5月

全国古民家再生協会の地区会員大会が石川で開催されました 江戸村にて

北信越地区の会員大会に参加してきました。

会場は古民家を移築した江戸村内の旧石倉家にて行われました。

DSC02997 DSC02998

一見お寺風ですが、武家屋敷です。

DSC03005

今回は新潟が初参加となり、北信越地区が全員参加となりました。

この石倉家に入ると土間の先には大空間があり、囲炉裏には大型の

自在鉤が吊ってありました。

DSC03000

またこの大空間は欅の1尺の大黒柱2本にて梁組を支えており、見ごたえ十分です。

DSC03002

この江戸村には大小の武家屋敷、商家、農家住宅が移築されています。

今移築・再生中の武家屋敷も見学できました。現場説明には金沢市役所から

担当の方が来ておられ、力の入れようがわかります。

大変目の保養になりました。ぜひ皆様も足をお運びください。

DSC03008

 

 

 

 

古材の確認、評価に伺いました

県外の古民家所有者から解体も含め検討しているが、

良い材料を使用していおるので一度見てもらい再利用できるものは

提供したいとご連絡を頂き現地確認にお伺いしました。

DSC02886

築100年以上の農家住宅の古民家です。アマの材料には他の建物からの使いまわしのものが

使われています。昔はよくそのような再利用があったようです。登り梁に煤が掛った材料が一部

使用されています。

 DSC02891

囲炉裏があり上から縄が下がっていました。その先は竹のようでしたが、自在鉤が

使われている場合もあります。

 

 

 

DSC02894 

神棚がある座敷は差し物で組まれていました。

DSC02900

仏間境の欄間には木彫りの立派なものがあり、かなり見ごたえがあります。

 

DSC02903

玄関から入ると板の間があり、2間の1枚板が使われています。風合いがいいです。

ちょっと手間ですが、丁寧に外せば化粧として再利用ができます。

家全体としては屋根や外壁の一部ががかなり傷んでおり、また床組も緩んでいるようです。

再生にはそれなりの費用が掛かるかんじで、やはり解体の方向で検討されるようです。

問題は家が大きい分解体費用が大きいことです。

 

 

古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2016年5月
« 3月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口