古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > 古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog > 古材の素晴らしさ > 思い出のある価値ある古民家を何とか残したい  購入希望者探しも

古材の素晴らしさ  古民家鑑定士活動  未分類  

思い出のある価値ある古民家を何とか残したい  購入希望者探しも

弊社が古民家の取り組みをしていることを知り問い合わせがありました。

実家の古民家にはケヤキの枠の内や帯戸があり一度見てほしいとのことでした。

DSC03516 

築50年ぐらいとのことですが、屋根のつくりもしっかりしています。

DSC03512

外観からは本当にしっかりした作りですね。山側の建物ということもあり積雪に耐える構造です。

外壁は漆喰仕上げで割れも無く南側の一部で掛けている程度です。

裏玄関から入り手前の部屋の奥に枠の内の広間がありました。

DSC03454

 

DSC03469

DSC03470

2.5間四方の広さで貫も含めた構造材はすべてケヤキです。柱は4住が8寸あり、差鴨居は1尺5寸

でした。木目もきれいで、落ち着く空間となっています。

DSC03471

帯戸はケヤキの板材です。割れもなく美しい建具です。

広間の奥は座敷で仏間と床の間があります。

DSC03474

その横の部屋にも床の間があり大きな丸窓がありました。その床の間の板材は1枚板のケヤキです。

DSC03479

DSC03481

 

2階は2か所に分かれており、それぞれ2部屋あります。

DSC03507

水回りはそのまま使用可能な状態であり、水道水で簡易浄化槽のトイレとなっています。

DSC03455 

 

DSC03456

掃除も行き届いていますので、そんなに手を掛けずに生活が可能な状態です。

所有者の方は、できれば自分たちが住みたいところですが事情もありそれができません。

といって、このまま朽ち果てていくのも忍びないので購入希望者がれば譲りたいとのことでした。

環境としては山間の地で、夏はクーラーも必要が無いくらい風通しがよかったです。話では

山の間から剣岳が望め、その反対側では富山湾が見えるとのことでした。帰り際に注意しながら

行くとその通りでした。

DSC03534

 DSC03536

今後は簡単に平面図も起こし、古民家の専門サイト「古民家住まいる」に掲載予定です。

もしこのブログを見てご希望の方がおられればお声をおかけください。

担当 片岡まで

古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2016年9月
« 7月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口