古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > 古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog > 見学会(古材の再活用)

見学会(古材の再活用)

息子さんや娘さんとのリフォーム・建て替えを検討しているご夫婦へ

表1

息子さんや娘さんとのリフォーム・建て替えを検討しているご夫婦へ

「残してくれてありがとう。」と思う家ってどんな家だろう?

北陸特有の『枠の内』をはじめ、古材をいろんな形で再利用した家が完成しました!

先代が残してくれた財産。 後世に残す方法を考えてみませんか?

若いころは気づかずに過ごしてきた家。
歳を重ねる毎に「良いものを残してくれたんだなぁ」と感じることはありませんか?
丸太の曲りを活かした骨組、 特別な空間に奮発したケヤキ、 背丈を刻んだ思い出のある柱…
どれも先代が残してくれた唯一無二の財産です。

解体すれば ただの廃棄物…

ご両親や祖父母の精一杯が詰まった家です。
解体して廃棄物にしてしまうのは”もったいない”…。 二度と元には戻りません。
今回、見学会を開催させていただくY様邸では、 北陸特有の『枠の内』の再生をはじめ、
台所のカウンターに使われていた板材を活かして 後世に残る家づくりをY様ご家族と進めてきました。

Y様のご厚意により、2日間限定の 古材を再利用した完成見学会を開催します!

先代が「残してくれてありがとう」と思う家


裏1

“古材再利用完成見学会”  先代が「残してくれてありがとう」と思う家

見所① 枠の内再生・建具再利用 
旧Y様邸新築時からある広間 6枚の板戸も生まれ変わりました

見所② 欄間再利用
井波彫刻の流れを汲んだ欄間は 姿を変えずに和室に再利用

見所③ 台所カウンターを○○に再利用
親戚から頂いたというケヤキの板を Y様のご要望で再利用しました

見所④ 玄関軒桁の丸太が○○に変身!
長さ約18尺もあった杉の丸太 一部を加工してあるものに…

9月20日(土)・21日(日)

午前10時~午後4時

砺波市Y様邸

地図

≪会場のご案内≫
国道359号線『鷹栖』の信号を金沢向かって左折し
アキの案内看板を目印にお越しください。
詳しくは、Y様邸見学希望の旨をアキまでご連絡ください。
連絡先:0766-69-8703

★予約不要
 ご都合の良い時間にご来場ください。
 車でお越しいただけます。
★雨天開催
★夫婦・家族揃ってのご来場大歓迎です。
★スタッフは見所のみのご説明をさせていただきます。
 ご質問やご相談などがあれば、お気軽にスタッフにお尋ねください。

2日間限定の見学会です。 古民家鑑定士(加藤・片岡)が随時ご相談承ります。

社長

はじめまして、古民家鑑定士の加藤 明博と申します。材木屋生まれの3代目です。 ありがたいことに『枠の内』再生や古材の再利用について ご相談をいただきます。 私自身、現場を見させていただくと「もったいない、これは再利用したい」と言う言葉がつい出てしまいます。 先代の想いや大工さんの仕事の跡が残った家をたくさん見てきました。 乱暴に解体されるのを間近で見た時は材木屋として罪悪感さえ感じます。 どんな部材も状態によっては、まだまだ活かせます。 ぜひ古材のある空間を味わってください。

枠の内を土台に設置しました


枠の内を仮置き場から土台に設置するために、古い土台等を

 切り離ししてレッカーで移設します。

5月15日(木) (1)

5月15日(木) (12)

5月15日(木) (11)

 P1120408

この枠の内を中心に建て方が始まります。

P1120409

建築状況は公開していますので事前に予約下さい。

今後どのようにして枠の内が組み込まれるのか楽しみですね。

 

枠の内を再利用した新築住宅 いよいよ建て方です

CA390037

新築住宅に枠の内を再利用する工事が始まります。

(上記写真は公開現場とは違う現場です)

この移設工事を現場を見る会として公開しますのでご希望の方は下記まで

ご連絡ください。

(株)アキ  担当 片岡、影近  TEL0766-69-1230

日時 5月15日(木) 午前10時から午後3時まで

場所 砺波市鷹栖

 

 

 

 

枠の内を再利用した新築住宅の見学会

【ご案内】家への想い入れが強い方

「この部材を活かせないだろうか…」

 

「この建具を再利用できないだろうか…」

 

そんな家への想い入れが強いあなたへ ご案内です。

 

「古材(こざい)」という言葉を耳にしたことはありますか?
株式会社アキでは築60年以上の民家などから採取される木材を
「古材(こざい)」と表現いたしております。

古材には傷もあれば割れもあります。
でも、そうした傷や割れは一朝一夕にできたものではないのです。
長い年月を経た古材だけが許される個性であり味なのです。

時に人々はその個性や味に優しさや安らぎを感じたり、圧倒的な存在感を感じたりします。

その中でも『枠の内』は、砺波・射水地方に多く見られる架構構造で、金物を一切使用せずに組み上げられたものをいい、家格の象徴とされてきました。

 

この度、お客様のご厚意により
『枠の内』や『蔵の戸』を再利用した住まいの見学会を開催する運びとなりました。



『枠の内』再生住宅 完成見学会



根が材木屋だからでしょうか?
私は「もったいない!」という熱い想いがよく心に残ります。

・・・この木は、もっとこうすれば使えるかもしれないのに!
「もったいない!」
・・・本当にこれを壊してしまうの?なんで?
「もったいない!」

そんな想いから、積極的に古材を活用した 家づくりを応援しています。

お施主様の家づくりに対する想いは下記からご覧いただけます。
『親孝行の家』…Tさんの場合

◆開催日時

平成26年4月26日(土)10:00~17:00
平成26年4月27日(日)10:00~17:00

小矢部市蓑輪地内
(当社事務所より車で約10分)

2日間限定の開催です。
この機会をお見逃しないように!



枠の内再生 二世帯住宅 無垢材を使ったポーチ天井



見学ご希望の方は、見学会希望の旨をご連絡ください。(※要予約)
詳細のご案内とお名前・ご希望日時等をお聞きします。

株式会社アキ
(TEL)0766-69-8703
(E-mail)aki@k-aki.com

お問い合わせフォームからのご連絡も可能です。

【担当:片岡、影近】

枠の内を再利用した完成見学会のご案内

古民家の建替えにおいて、枠の内だけは再利用して
新築住宅に組み込みたいとのご希望で工事を進めてきましたが、
今月末で完成します。

この度施主のご好意により完成見学会を行なうことになりました。
今回はダイレクトメールのお客様を対象に行ないますので、予約制となっています。
ご希望の方は、事前にご連絡の上ご来場下さい。

枠の内は一家団欒のリビングとして再生されました。暖炉の設置により
広い空間は冬でも快適です。

ぜひこの機会にご覧下さい。

日時 12月1日(土)、2日(日) 10:00~17:00
場所 小矢部市末友
連絡先 株式会社アキ  0766-69-8703 69-1230

この件に関してご質問等があればいつでもご連絡下さい。
宜しくお願いします。


チラシを添付します


h241201 吉田邸見学会

 

「枠の内」再生の完成見学会が週末開催です

先月もご案内しています枠の内を再生した見学会が
今週末開催です。

メインの枠の内をはじめ古建具や小口縁を利用したベンチなど
見所満載です。

この機会に見て頂き、古材に触れて頂きたいと思います。

完成見学会 古材 古民家再生

古材の≪再利用・再活用≫現場見学会を開催します。

古民家の広間(枠の内12.5畳)を移設、再活用した現場で見学会をいたします。
大変申訳ありませんが、とても急で、且つ、予約制です。

日時は、
1回目 11月8日(日)午後1時に ㈱アキ事務所集合
2回目 11月9日(月)午後1時に ㈱アキ事務所集合
今回は、2回かぎりの見学会です。

見学現場への移動は、車に乗り合わせで移動します。移動時間は、アキの事務所から約40分程度掛かります。したがいまして、移動時間を含め見学には3時間程度掛かると思われます。
DSCN5537.jpg
説明は、古民家鑑定士、片岡 衛、又は設計担当の加藤 明博がさせていただきます。

御了承戴ける方のみ、このHPの問合せメールにてお申し込み下さいませ。
DSCN5586.jpg

古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口